スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
初めまして。
昴様


こんばんは。
志築昴だ。
つい先日、空玖姫のところへご厄介になる事になったのだが、
それまでは三日月として暮らしていたんだ。
漸く本来の僕に戻れて、ほっとしているところだよ。

今日は京都でも初雪が降ったくらい寒いが、
このくらい寒いと空気が澄んでいて良いな。
僕は姫ほど冬が嫌いではないよ。
と云うか、嫌いな季節などないと云った方が正しいかな。
四季は美しいと思う。

それはそうとして、この間里なるところへ連れて行かれたのだが、
彼処の庭は見事だったな。
京都には本家の屋敷があってたまに来るが、
里へは初めてだったんだ。
潤、いずれ里で会う事になるだろうから、
その時は仲良くしてくれると嬉しい。

アイスがフユコ嬢のご自宅には、自分に似たヤツが居ると云っていたので、
噂の彼に会うのも楽しみだな。
かぐら嬢のご子息の記憶はおぼろげにあるが、元気だろうか?
また会えると嬉しく思うよ。

姫の一番の愛息子であるハルシオンと云う少年が今居ないので、
アイスが寂しそうだ。
どうする事もできないが、耐える事も男には大切な事だと思うぞ。

では、今日のところは失礼する。
いずれまた。
スポンサーサイト
【2005/12/06 00:53】 昴様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カラオケ | ホーム | 大丈夫(ぇ?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://solidsky.blog14.fc2.com/tb.php/37-51f4db5e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。